相続・遺言

​最新トピックス
相続・遺言業務について

 当事務所は個人のお客様に対する一般民事法務業務に、特に力を入れております。
 日頃のちょっとした事柄や、将来に向けての約束事など、書面にしておけば余計な争いを避けることが出来ます。


 たとえば遺言書。法的要件の整った遺言書を作成しておけば、遺される家族に、ご自身の望みを伝えることができ、また余計な争いを防ぐこともできます。

 そして相続。相続は財産の有無に関係なく、全ての相続人に関わってくる問題です。しかし「どこから手をつけいいのか分からない、何をやったらいいのか分からない」という方が大変多くいらっしゃいます。

 

 私たちは遺産分割協議書や相続人関係図など、相続に必要な法的文書の作成から、銀行・証券会社の名義変更など各種手続きまで、各種専門家と連携しあなたの相続手続きを総合的に支援いたします。

​暮らしの様々な場面で法務サポート

 土地・建物等の賃貸借や金銭の消費貸借等を行う場合、その内容をきちんと書面に残しておけば、将来のトラブルを抑止することができます。当事務所では民法等の各種法律に照らし、瑕疵の無い書面作成のお手伝いをさせていただきます。

 「内容証明郵便」の文案作成などでも、当事務所をご活用ください。行政書士は依頼者の意思に基づき、文書作成の代理人として法的効力が生じる書面を作成することができます。(ただし法的紛争段階にある事案に係るものについては、ご依頼を受けることができません。)

 また「婚約の約束事をきちんと書面にまとめたい」「離婚が決まった時、離婚に関する協議を公正証書にまとめたい」「面倒な行政への手続きを頼みたい」など、日々の暮らしの中の様々な場面で法務の知識を駆使しお手伝いいたします。

© 2014-19 那住行政書士事務所 All Rights Reserved.

NAZUMI Certified Administrative Procedures Legal Specialist Office  +81-45-900-4435 nazumi@nazumi-office.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic