top of page

CRIC月例著作権研究会に行ってきました。メタバース・生成AI時代における実演家の権利と法的課題(令和6年6月14日)


たまにですが、公益社団法人著作権情報センター・CRICの勉強会に足を運んでいます。今月のテーマは「メタバース・生成AIの時代における実演家の権利と法的課題」という内容。弁護士の唐津真美先生の講演でした。

「著作権」について、生成AIでの利用等については、かなりマスコミをにぎわせており、市井でもいろいろな議論がされています。一方「隣接権」の部分についてはあまり議論がされていないな、と。

いや、議論はされているんです。でも目立って伝わってはこないなと。

ということで、少し勉強しようと思いいってきました。


今回の勉強会では、本題に入る前に「実演家の権利」についてみっちりお話してくれて、これも良い復習になりました。

生成AIによる「実演」の実態についても、具体的に例を示してくれて、非常にわかりやすく、理解しやすい勉強会であったなぁと。


生成AIは悪いことばかりではありません。一方で、今、法の整備が追い付かない状態で、「権利者」の方々が目を覆うばかりの利用がされている実態もあります。

そしてこの問題は国内問題ではなく、国境を越えて影響のある問題ですから、できるのであれば、日本がルール作りのリーダーシップをとっていって欲しいと思うところです。




 

★契約書作成・チェック 業務紹介ページオープンしました。

 お気軽にご相談ください。


★作家・アーティスト支援法務のページ、リニューアルしました。


ご相談等お問い合わせは

電話受付/

通常営業時間 平日午前9時~午後6時(不定休) 

土・日・祝日・夜間は事前ご予約で対応いたします。

電話/045-654-2334

ご相談は事務所でのご相談のほか、ZOOMオンライン、出張相談など各種対応いたします。


※本記載は投稿日現在の法律・情報に基づいた記載となっております。また記載には誤り等がないよう細心の注意を払っておりますが、誤植、不正確な内容等により閲覧者等がトラブル、損失、損害を受けた場合でも、執筆者並びに当事務所は一切責任を負いません。また記載された内容は執筆者の個人的見解です。




閲覧数:15回0件のコメント

留言


bottom of page