【事務所だより】ワンポイント著作権003~著作権の概要 19/10/04


当事務所では著作権関係のサポート業務、例えば、著作権に関する契約書等書面の作成、著作権に関する手続きの代行、作家・クリエイターの著作権に関するサポートに力を入れております。そこでこのページにて、著作権に関するお話を少し書いて見たいと思います。昨日は「知的財産権の種類」についてお話をしましたが、今日はその続きです。

<著作権の概要3~知的財産権の種類 2>

 昨日は知的財産権には様々な種類があるとのお話を記しました。そしてその権利には「知的創造物」に対する権利と、「仕事上、営業上での信用を維持するための権利」に分かれるとのお話を記しました。今日はちょっと別の角度から知的財産権を見ていきます。おさらいです、「知的財産権」には以下の種類があります。

1)著作権……思想や感情の創作的表現である著作物などを保護(著作権法) 2)特許権……発明を保護(特許法) 3)実用新案権……物の形状や構造、組み合わせによる考案を保護(実用新案法) 4)意匠権……工業的なデザインについて、形状・模様・色彩のデザインを保護(意匠法) 5)商標権……商品やサービスなどを示す、識別可能な標識(文字、図形、記号など)を保護(商標法) 6)回路配置利用権……半導体の回路配置を保護(半導体集積回路の回路配置に関する法律) 7)育成者権……植物の新品種を保護(種苗法) 8)営業秘密など…業務のノウハウや顧客リストなどを保護(不正競争防止法) 9)商号……お店や会社の名前(商法)

 これらの知的財産権のうち上記2~5をまとめて、産業を発展させる上で守っていく必要な権利であることから「産業財産権」と総称します。産業財産権は、新しい技術、新しいデザイン、ネーミングなどについて独占権を与え、模倣防止のために保護し、研究開発へのインセンティブを付与したり、取引上の信用を維持したりすることによって、産業の発展を図ることを目的にしています。

 1~9の文末のカッコ内はそれぞれの権利を保護するために、根拠として定められた法律の名称です。それぞれの権利が様々な法律によって守られています。また、これら知的財産を包括的に保護・活用するために、平成15年には知的財産基本法(※)が定められています。

<※知的財産基本法> 知的財産の創造、保護及び活用に関する施策を推進することを目的とし、そのために行うべき施策について定めれました。この法律に基づいて、知的財産戦略本部が設置され、毎年、知的財産推進計画が発表されております。 また上記の1~9に記載した法律名は知的財産を保護するための法律の代表的なものです。実際はその他にも数多くの法律、例えば「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」や「映画の盗撮の防止に関する法律」など様々な法律で知的財産の保護が図られています。

次回は週明け、10月7日(月)に掲載いたします。

#著作権 #アート

© 2014-19 那住行政書士事務所 All Rights Reserved.

NAZUMI Certified Administrative Procedures Legal Specialist Office  +81-45-900-4435 nazumi@nazumi-office.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic