【ニュースから】配偶者居住権、自筆証書遺言保管……相続法改正案が衆院可決(18/16/20 日経新聞)



住まいや生活資金 配偶者保護手厚く 相続の民法改正案が衆院可決

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31958470Z10C18A6PP8000

【ヒトコト】

民法の「相続」に関する規程を見直す、民法などの改正案が議論されてきましたが、19日衆議院を通過。今回で成立の見通しとなりました。

重要なポイントとしては、遺された一方の配偶者が、その住居の所有権をもたなくとも、居住し続けることができる「配偶者居住権」が設けられたこと、また、自筆証書遺言について、要件の変更があり、財産目録など一部文書を「自筆」でなく、パソコン等での作成が可能となったこと、また自筆証書遺言を全国の法務局で保管する制度も、新たに設けられています。

国会の会期が延長となったこともあり、本法案も今国会で可決の見通しです。今国会で成立すれば22年春にも施行される予定です。今後の展開に注視が必要です。

#遺言書 #相続 #配偶者居住権

17回の閲覧

© 2014-19 那住行政書士事務所 All Rights Reserved.

NAZUMI Certified Administrative Procedures Legal Specialist Office  +81-45-900-4435 nazumi@nazumi-office.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic