top of page

【雑記帳】令和4年12月の徒然~寅から兎へ(更新終了)

12月1日 木曜日

いよいよ師走。朝、役所回りからのご相談対応。午後、東京方面へ。夕方、某会合。


12月2日 金曜日

朝、3時起床。起きれるもんですね~。日本VSスペイン。朝から喉が枯れた!すげぇ~な。三苫の1ミリ。すげえ

お仕事の方は終日、某法人の法務関係のもろもろで飛び回る一日。


12月3日 土曜日

午前中はちょっとゆっくりし、午後は母校、法政大学へ。「地理的表示と持続可能な社会」というシンポジウム。こういうシンポジウム、リアルで参加するの久しぶりだ。コロナ禍以降では初かも。地理的表示について行政書士がうまく携われないものかなぁと、何かヒントは無いかなと。一応わたし、日本行政書士会連合会・知的財産部門専門員だったりします。

終了後、神楽坂のマッサージ屋でマッサージをうけてから、帰宅。


12月4日 日曜日

オフ。いろいろ買い物。夕方、ちょこっと会務の雑務。


12月5日 月曜日


午前中から、事務所で作業。相続関係。お昼前、地域のもろもろへ、年末のご挨拶回り。からの、ちょっとした業務で群馬県までクルマを走らせる。急遽日帰り出張。疲れた。




12月6日 火曜日

午前中、事務所で作業。相続関係。午後、行政書士会で会務。帰りがけ、横浜スタジアムの前を通ったら、中で何かやっていた。出入り自由。いいね、こういうイベント。



12月7日 水曜日

午前中、朝から東京方面へ。途中某所で法人関係業務の書面作成。夕方、関内へ。支部研修会で講師をお願いする先生へご挨拶。夜、お客様ご訪問。


12月8日 木曜日

午前中、某会合へ。午後、行政書士会で会務×2件。


12月9日 金曜日

朝、助成金関係業務。その後、役所巡り。午後、事務所で書面作成。夕方、支部の会務。夜、同級生とたまプラーザで忘年会。いいわぁ。


12月10日 土曜日

午前中、事務所でもろもろ作業。午後、新横浜。支部の会議から、支部の研修会から、支部の忘年会。

来年、またもし研修担当になるようだったら、12月に研修会入れるのはやめよう。みんな忙しいよね。


12月11日 日曜日

とりあえず事務所にくるも、完全にエネルギー切れの一日。こういう日は無理して進めてもろくなことがないので、単純事務作業ですごす。この切り替えが大事。


12月12日 月曜日

朝一で区役所。からの市が尾駅で田園都市線に乗ろうとしたところで、同じ支部のS先生とすれ違う。おぉ、なかなかないタイミング。都内を東へ西へあちこち移動。都内最後は新宿。新宿から湘南新宿ラインで横浜へ移動。横浜から関内へ移動し某会合に出席。そして帰宅。なんかけっこうな移動距離の一日。

帰宅してとりだめていたドラマを見る。BSフジで放送中の東京ラブストーリー。もうね後半はイライラして見てられないのよね。あーまた今回もここで~何度同じこと繰り返すんだ~。当たり前です、同じドラマなんだから。


12月13日 火曜日

朝、起きると雨が。朝一で事務所に行こうと思っていたがキャンセル。自宅での作業にきりかえる。相続関係の書面、行政書士会への報告書作成等々。午後、行政書士会へ。会議1件。

夜、忘年会1件。中華街の初めて行くお店。メインの通りではなく1本、路地に入ったところのお店で、高級店ではなく大衆店という感じのお店であるが、なかなかのお味。中華街はこういう目立たないお店ほど、おいしかったりするんですよね。ビール、紹興酒と呑んで満足。ふだんあまりご一緒しない、行政書士の先生方との忘年会。いろいろお話が出来て楽しかった。私、桐光学園出身だと言ったら、ご子息が桐光通われていたとか、お孫さんが桐光で先生やっているとか、そんなお話も。世間って狭いわ。


12月14日 水曜日

忠臣蔵の日。午前中、自宅で作業。相続関係の業務。午後、虎ノ門の日本行政書士会連合会へ。著作権部門の専門員として会議に参加。

17時、会議終了後そそくさと新宿へ向かう。新宿末広亭12月中席は、連日、神田伯山がトリをつとめ、義士伝をかけている。と、いうことで今年も12月14日に伯山の義士伝を聞くことができた。

演目は「南部坂雪の別れ」。昨年の12月14日も同じ演目でしたが、嘘をつきとおさなくてはならない大石内蔵助、偽りの言葉に心ゆさぶられる瑤泉院、そして戸田局。夜中、内蔵助が残した書付に気が付き、四十七士の名を見た時、あふれ出て来る涙、涙。

今宵の講談は少し長めのマクラから始まり、いろいろな人との「別れ」についてたっぷり話をした後、南部坂に入って行き、なんか、たいへん心ゆさぶられる、一夜となりました。

それにしても伯山がこの時期のトリをつとめるようになってから、12月14日の末広亭は「忠臣蔵祭り」。会議の後に行ったので、途中からとなったが、浪曲・玉川太福さんは「不破数右衛門芝居見物」。こんな滑稽な義士伝もあるのかと非常に面白い話。

桂小南師匠は「写真の仇討ち」。きれいな落語だ!

桂鷹治さん「能狂言」は初めて聞いた噺。めちゃくちゃ面白い! ちょっとしらべてみたら、近年、東京では円生しかやっていないって。近年っていっても6代目円生はもう40年前に亡くなっているわけだし。そんな話、誰に習ったんだろう。きっとこの日に合わせて掘り起こしてきたんだろうな。

松鯉先生は「徳利の別れ」兄弟の別れの切なさが心に響く。「徳利の口よりそれと言わねども昔思えば涙こぼるる」。何度聞いても松鯉先生の赤垣源蔵はすばらしい。

遊雀師匠は「七段目」。うまいなぁ、面白いなぁ。遊雀師匠の「七段目」も何度も聞いているが、本当にすばらしい。

それにしても末広亭、1階も2階も満席。立ち見もこれ以上入りきれない、という感じ。お客さんも若い人がけっこういる。途中から入ったので、初めて2階席に上がって、2階の一番後から鑑賞。なかなかいいじゃない2階席。


忠臣蔵を堪能した夜でございました。


12月15日 木曜日