top of page

【芸術法務】「舞台芸術におけるハラスメント防止ガイドブック(ver1.0)」が公開されました


劇作家や芸能プロダクション役員、弁護士等が理事をつとめる「一般社団法人緊急事態舞台芸術ネットワーク」が令和6年5月13日、「舞台芸術におけるハラスメント防止ガイドブック(ver1.0)」を公開しました。


「ハラスメントを理解」し「防止」を促す


演劇の舞台や古典芸能の世界など、昨今、様々なハラスメントがニュースで取り上げられています。今回、一般社団法人 緊急事態舞台芸術ネットワークは「創作現場でのハラスメントを防止し、より良い創造環境を作る際にガイドブックが活用されること」を目指し、本書を作成したということです。


冊子を見ると、

まず「ハラスメントとはどういむものか」理解するところからはじまり、「事例と防止のアクション」「興行主催者が準備できる防止のアクション」が記載され、最後は「ハラスメントが起きてしまったら」その際、取るべき対応についてまで記載されています。


舞台関係者に限らず、幅広い方々に参考になる一冊となっています。






 

★契約書作成・チェック 業務紹介ページオープンしました。

 お気軽にご相談ください。


★作家・アーティスト支援法務のページ、リニューアルしました。


ご相談等お問い合わせは

電話受付/

通常営業時間 平日午前9時~午後6時(不定休) 

土・日・祝日・夜間は事前ご予約で対応いたします。

電話/045-654-2334

ご相談は事務所でのご相談のほか、ZOOMオンライン、出張相談など各種対応いたします。


※本記載は投稿日現在の法律・情報に基づいた記載となっております。また記載には誤り等がないよう細心の注意を払っておりますが、誤植、不正確な内容等により閲覧者等がトラブル、損失、損害を受けた場合でも、執筆者並びに当事務所は一切責任を負いません。また記載された内容は執筆者の個人的見解です。







閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page